特別顧問就任のお知らせ(小手川大助氏)


小手川 大助 大分県立芸術文化短期大学理事長兼学長、キヤノングローバル戦略研究所

(CIGS)アドバイザーがTPG特別顧問に就任しました。


小手川特別顧問は旧大蔵省入省後、日米包括協議等の数多くの国際交渉を担当。2007年からIMF日本代表の理事を3年間務められ、リーマンショック以降の世界金融危機への対応を主導。10年、退官後はCIGSに参画。加えて16年からは国立モスクワ大学の客員教授に就任されており、同国への造詣も深い。TPGでは、環太平洋地域の国際関係を金融及び経済の観点から発信していただくほか、ロシア関連分野でも活動していただく予定です。

閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示